株式会社いい食

放課後等デイサービスが拓く未来の療育ビジョン

採用に関わるご質問はこちら 求人一覧はこちら

放課後等デイサービスが拓く未来の療育ビジョン

放課後等デイサービスが拓く未来の療育ビジョン

2023/08/27

現代社会において、発達の遅れがあるお子様の子育てにおける様々な課題が生じています。子育てをする上で最も大きな懸念材料は、保護者が働いている間に子供が成長でき、安全に過ごせる環境が提供できない事です。そこで、放課後等デイサービスが注目されています。この記事では、放課後等デイサービスが拓く未来の療育ビジョンについて探っていきます。療育の現状においても、放課後デイサービスが果たすべき役割が求められています。どのような教室の療育ビジョンがあるのか、一緒に見ていきましょう。

目次

    放課後等デイサービスとは?

    放課後等デイサービスとは、障害をお持ちな子どもたちが学校の放課後に利用するサービスです。学校帰りに、学習支援や療育を伴う遊びや経験などを提供しています。主に小学校低学年から高等学校までの子どもたちが利用します。 放課後等デイサービスの目的は、子どもたちが安全に過ごせる場を提供し、生活で必要な素地の育成、学習習慣を養ったり、コミュニケーション能力を向上させたりする事にあります。また、働く親の子育て支援も兼ねています。 具体的には、学習支援を行い、学習療育の時間を設けたり、自然体験やスポーツ、アート・工作など様々な活動体験を提供しています。また、保護者との連携も大切であり、子どもたちの将来の素地となる事を重点的にサポートしている教室も御座います。 最近では、新型コロナウイルスの影響で学校の休校が行われた際にも、放課後等デイサービスで学習支援やオンライン授業のフォローなどを行っておりました。(現在によっては地域行政によっては実施不可あり。当社は現在はしておりません。) 放課後等デイサービスは、子ども達が学校の外で一人で過ごす時間をなくすための安心できる場所です。子ども達の安全と成長をサポートする重要な役割を担っています。

    どのようなメリットがあるのか?

    放課後等デイサービスは、発達障害等の子供の主に小学生や中学生を対象とした療育支援サービスです。この業種には、子どもたちにとって素晴らしい機会・経験がたくさん積む事が出来ます。 まず、放課後等デイサービスは、保護者が仕事をしている間の時間を有効に使えるというメリットがあります。学校が終わる午後から夕方までの時間帯がカバーされ、保護者の働き方に合わせて利用できる点が魅力的です。 また、放課後等デイサービスは、教室によっては、子どもたちが自分の時間を有意義に過ごせる環境を提供します。自由に過ごすだけでなく、宿題のフォローやさまざまなプログラムを通じて、学校の授業と同じように学ぶことができます。また、スポーツ、音楽、アートなどの多彩なプログラムが用意されているため、教室によっては、子どもたちは自分の興味に合わせた活動を選ぶことができます。 さらに、放課後等デイサービスは、社会のルールや社交的なスキルを発達させる場所でもあります。複数の子どもたちが集まるので、お互いにコミュニケーションを取り合い、協力し合うことで、コミュニケーションスキルや協調性を学ぶことができます。 以上のようなメリットから、放課後等デイサービスは、多くの保護者から支持されています。自由な時間を過ごすだけでなく、学習や社交的なスキルを身につけることができるため、子どもたちにとっても大きな財産となります。

    放課後等デイサービスが目指す療育の未来像とは?

    放課後等デイサービスが目指す教育の未来像は、子どもたちが能動的に学び、課題や自分の興味や関心に合わせて自由に選択し、そして楽しんで学べる場を提供することです。従来の学校教育では授業が与えられ、その内容を覚えることが中心でしたが、今後は子どもたち自身が学びの主体となり、様々な課題をクリアし、自分で問題を解決する力を身につけることが求められます。放課後等デイサービスは、そうした未来像に沿って、子どもたちが自由で自律した学びを行うことを支援していくことが必要です。そのためには、職員が子どもたちの欲求や関心に基づいたプログラムを提供するだけでなく、子どもたちが自分たちで自発的にプログラムを企画し、実践することを促すことも必要になっていくでしょう。こうしたプロセスを通じて、子どもたちは自己肯定感を高め、思考力や表現力、コミュニケーション能力など、社会で必要とされる能力を身につけることができるでしょう。放課後等デイサービスは、教育の未来像を具現化するために、子どもたちが自由で創造的な学びを体験できる場を提供することが求められます。

    子どもたちが学びを楽しむための工夫とは?

    私たち放課後等デイサービスでは、子どもたちが学びを楽しむために様々な工夫をしています。まず、学びの内容を子どもたちが興味を持てるようにアレンジします。例えば、音楽が好きな子には音楽の授業を、スポーツが好きな子には体育の授業を提供しています。また、療育を伴う課題を楽しく学ぶために、ゲーム感覚のクイズや競争を取り入れた支援プログラムも行っています。その他にも、子どもたちが自分で考えたアイデアを発表する場を設けたり、テーマパークや水族館などの外部施設への遠足や見学も行っています。また、学んだことを実際に体験することができるユニークなイベントも企画しています。例えば、外食回転すし外食プログラムを企画、パン作りやキャンドル作りなどのワークショップを開催して自分の手で作ったものを持ち帰ることができます。子どもたちは、楽しく学ぶことで、学ぶこと自体に興味を持ち、自ら学ぼうとするようになりました。私たちは、子どもたちが将来の自分の夢や目標を見つけ、それを実現するための力を身につける手助けをすることが、私たちの役目だと考えています。

    保護者や支援スタッフとの連携が重要な理由とは?

    保護者や支援スタッフとの連携は、放課後等デイサービスにおいて非常に重要です。なぜなら、子どもたちの健やかな成長には、保護者や支援スタッフとの連携が不可欠だからです。 例えば、放課後等デイサービスでは、一部の教室では、子どもたちの学習指導や運動指導、生活能力や社交能力の向上などに力を注いでいます。しかし、それらは一人でできるものではありません。保護者や療育スタッフに協力してもらわなければ、子どもたちに最適な支援策を提供することはできません。 また、保護者や支援スタッフが放課後等デイサービスのプログラム内容に既知であることは重要です。 保護者や教員との連携を深め続けることで、信頼関係を築くこともできます。逆に日頃の連携が薄いと構築できない場合もございます。放課後等デイサービスに通っている子どもたちについて、教室は保護者が悩みや希望を相談しやすい環境を作り、より良い支援策を提供することができます。 以上から、放課後等デイサービスにおいては、保護者や教室との連携が欠かせません。子どもたちが健やかに成長し、充実した放課後を過ごすために、常に協力しあい、連携を深めていくことが重要です。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。